REPLO TOKYO REPLO TOKYO

NEWSニュース

社会貢献

【2020年度 No Border Football Festival 開催のご報告】

20201121日(土)にレプロ東京主催のイベント「No Border Football Festival」を開催いたしました。
当日は快晴でサッカー日和の気温のもと、江戸川区臨海球技場のサッカーグランドをお借りさせていただき、最高の環境で開催することができました。

以下、簡潔ではありますがイベントの報告をさせていただきます。

【本イベントの目的】
・障害やサッカー経験などに関係なく、全ての人がサッカーを通して繋がる機会を作る
・多様性や共生社会、障害への理解を深める
・デフサッカーを知っていただく

【イベント内容】
・サッカーリーグ戦
・デフ疑似体験
・ウォーキングサッカー
・ドクターエア体験

【サッカーリーグ戦】
午前の部と午後の部の計7チームで開催いたしました。
耳栓を装用して、耳が不自由な状態でプレーいただき、普段とは少し異なる形式で試合を行うなどしました。

午前の部 参加チーム
TAPAN  irrumattio next  Fuerte Tokyo  fcなだ 

午前の部 参加チーム
セサファイFC 様 デスパシースト 様 レプロ東京

【デフ疑似体験】
約20名の中学生を対象に、デフ疑似体験を行いました。
耳栓を装用し、声出し禁止という条件のもと、ゲーム企画やサッカーを行うことで、聞こえない世界を体験していただきました。

懸命にコミュニケーションを取ろうとしています。

【ウォーキングサッカー】
20名の方に参加いただきました。走りや激しい接触を避けてサッカーを行いました。
障害やサッカー経験、年齢や性別などに関係なく、全員が笑顔でボールを蹴ることができました。

【ドクターエア体験】
サッカーリーグ戦の参加チーム様を対象に、本大会に製品提供していただいたドクターエア様のストレッチロールを体験いただきました。

試合前やインターバルのコンディション調整、試合後のリカバリーにご使用いただきました。

【新型コロナウイルス感染対策・熱中症対策】
本イベントでは、昨今の新型コロナウイルスの感染対策を徹底いたしました。アルコールの消毒、グランド入場時の検温などをあけぼのロータリークラブ様のボランティアの方にご協力のもと実施いたしました。また、フェイスシールドをクオール様からご提供いただき、感染対策に使用させていただきました。また、熱中症や体調不良防止としてOS1をクオール様にご提供いただき、各参加チームへお配りさせていただきました。

【総括】
本イベント「No Border Football Festival 」は今回で2回目の開催となりました。去年は雨天でしたが、今年は快晴の中、非常にいい雰囲気でイベントを進行する事ができました。当日はアルコール対策と検温を全員実施するなど、コロナウイルス感染対策を徹底いたしました。ご参加いただきました各チーム様、製品提供いただいたドクターエア様、クオール様、ボランティアとして参加いただいたあけぼのロータリークラブ様、グランド提供いただいた江戸川区臨海球技場スタッフ様のご協力おかげで、非常に充実したイベントとなりました。
この場をお借りして改めてお礼申し上げます。来年度以降も本大会を開催していく予定ですので、今後ともよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。

レプロ東京一同

PARTNER

DOCTOR AIR
障がい者サッカー JFA グラスルーツ推進 賛同パートナー
社会課題への取り組み JFA グラスルーツ推進 賛同パートナー