REPLO TOKYO REPLO TOKYO

HISTORY歴史

2016

都内のとある居酒屋にて。

「そろそろ外の世界に飛び出さなきゃな」

この一言がREPLO TOKYO設立のきっかけとなる。

2009年台北デフリンピックに選手として出場した
伊賀﨑俊、江島由高、松本弘。

3人がビールを片手に当時の思い出話をしながら、
デフサッカー界が置かれた現状について議論を交わす。
そして出たのが冒頭の一言。

3人が当時所属していた聴覚障害者だけで構成されたチーム
「Tokyo Deaf Football Club」では2009年〜2015年の7年間の
間に聴覚障害者の全国大会で4回優勝している。優勝してもその
先にある大会等はなく、優勝した後の目標は翌年の連覇のみ。

「もっと上へ、もっと外へ、色んな人とサッカーを。」

2009年に台北(台湾)において開催されたデフリンピックにて。
下段左から2番目が松本(11番)、左から3番目が伊賀﨑(10番)、左から4番目が江島(22番)

11

REPLO TOKYO設立発表。

2017

2

REPLO TOKYO説明会を開催。

9

REPLO TOKYOの東京都社会人リーグ加盟申請を知った
東京都社会人サッカー連盟に呼び出される。

「審判の笛が聞こえずプレー続行すると危ない」
「相手から差別的な発言をされるかもしれない」
「そもそも通用するレベルなのか」
と聞かれ、
「特別扱いは不要です。一回試合を見に来て下さい」
と伝える。

11

視察に来た東京都社会人サッカー連盟の幹部の前で都リーグ3部
所属のチーム相手に練習試合で快勝。
視察に来た幹部から「大丈夫ですね」とお墨付きをもらう。

2018

1

REPLO TOKYO本格始動。

4

4月8日
REPLO TOKYO公式戦デビュー。

5

5月27日
公式戦初勝利。

9

9月2日
東京都社会人サッカーリーグ参入初年度を4部の4位で終える。

2019

4

4月1日
2019年度新体制スタート

6

6月9日
全国クラブチームサッカー選手権大会(東京大会)
カップ戦初勝利。

6月30日
全国クラブチームサッカー選手権大会(東京大会)
準々決勝敗退。

10

10月20日
東京都社会人サッカーリーグ4部の3位で終える。

11

11月23日
No Border Football Festival
初開催。

2020

2

2月21日
一般社団法人レプロ東京設立。

2月22日
2020年度新体制スタート。

1010月4日

東京都社会人サッカーリーグ4部1-Aブロックを1位で終える。

11

11月21日
No border Football Festival
第2回開催。

11月29日
ノックアウトステージで勝利。
東京都社会人サッカーリーグ4部優勝・3部昇格決定。

12

12月1日
2021年度新体制スタート

2021

PARTNER

DOCTOR AIR
一般社団法人 日本身体運動科学研究所
障がい者サッカー JFA グラスルーツ推進 賛同パートナー
社会課題への取り組み JFA グラスルーツ推進 賛同パートナー