【2020年総括及び主将挨拶〜草刈康次〜】

こんにちは。
レプロ東京3代目キャプテンの草刈康次です。

2020年は現在も続くコロナ禍により、自粛期間はサッカーができず、トレーニングもままならない中で、悲願の3部昇格を果たすことができました。
キャプテンとして、一選手として、とても嬉しいです!

ただ、今年キャプテンとして出来たことは何もありません。
今年初めの就任挨拶の通り、選手一人一人が3部昇格を目指して団結した結果で3部昇格を果たすことができました。
選手のみんな、ありがとうございます!
今年1年楽させてもらいました!
個人的には一度くらい試合でキャプテンマーク付けたかったですが…(笑)

それは置いといて、これでようやく来年からは次のステージに進めます。
1年目4位、2年目3位、3年目優勝。
振り返ると長くもあっという間であった3年だったように感じます。
3年間で多くの方々がレプロを応援して頂き、協力して頂き、ついにチームが次に進むことができます。
コロナ禍で観戦はできない中でも応援して頂いたファンの皆様、活動に御理解・御協力頂いた御家族の皆様、レプロ東京を応援して下さった企業・団体の皆様、そしていつもチームのために行動してくれたスタッフの方々に、選手を代表して感謝致します。
本当にありがとうございます。

来年は東京都3部リーグを戦っていきます。
3年という十分な助走で、3部優勝、そして2部・1部と昇格していけるような大ジャンプをしていきましょう!!
これからもレプロ東京をよろしくお願い致します。

『どうかレプロ東京があなたの大切な人生の一部になりますように』

それでは皆さん、よいお年をお迎えください。