REPLO TOKYO REPLO TOKYO

NEWSニュース

人事

【初代監督就任のお知らせ】

この度、レプロ東京の初代監督に、伊賀﨑俊氏が就任する事が決定しましたので、お知らせ致します。
任期期間は一年間です。

 

<<伊賀﨑代表兼監督コメント>>

この度、レプロ東京の初代監督に就任する事になり、大変光栄に思うのと同時に責任を感じております。
ゼロから作り上げていくチームの今年一年間は、レプロ東京の長期的ビジョンを実現する上で基盤を築く大切な一年になると思います。
レプロ東京に所属している選手は非常にポテンシャルが高く、経験豊かな選手もいれば、将来性のある楽しみな若手の選手もいます。
障害のあるなしに関係なく、純粋にフットボールを楽しみ、共に成長していってほしいです。
彼らの力を最大限に引き出す事が私の大きな役目です。
目標である今年一年で都リーグ三部昇格を実現するために、私のこれまで培ってきた経験と知識の全てを、全身全霊を懸けて戦います。
選手、マネージャー、スタッフ、ファン・サポーターが一体となれるチームを一緒に創っていきましょう。
皆様の温かいご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

REPLO TOKYO 代表兼監督
伊賀﨑 俊

 

<代表兼監督プロフィール>

氏名:伊賀﨑 俊
プロフィール:1981年生まれ。生後8カ月で感音性難聴と診断される。

兄の影響でサッカーを始める。プロサッカー選手になる夢を持ち、その夢を叶えるために小中学校ではFWとして活躍する。高校に入り、監督から聴覚障害に関する非情宣告を受け、試合に出場する機会を奪われる。そこで、小学時代から抱き続けていた夢を断念する。大学に入り、ある友人との出会いがキッカケでデフサッカーの世界に入る。デフサッカーにデフリンピックがあると知り、一度諦めた夢の代わりにデフリンピックで世界一になるという夢ができ、猛練習の末、日本代表に選出される。2009年デフリンピック(サッカー競技)と2015年デフワールドカップ(フットサル競技)に出場する。

自分のこれまで培ってきた経験を次世代、そして未来の子ども達に伝えるために前例のないフットボールクラブを設立し、奔走中。

PARTNER

DOCTOR AIR
障がい者サッカー JFA グラスルーツ推進 賛同パートナー
社会課題への取り組み JFA グラスルーツ推進 賛同パートナー