【2019年総括及び主将挨拶〜長友克樹〜】

こんにちは。

レプロ東京の2代目キャプテンを務めた長友克樹です。

もう、1年が終わるのかと思うとすごく早いですね、、

この1年間を振り返ると、1年前の就任挨拶では
「ワンランクアップ」と宣言して走り出しましたが、
結果的には、4部から3部への昇格ではなく、
4部4位(昨年)から4部3位(今年)へのワンランクアップになってしまいました、、。

チームとして3部昇格を目指していたので、
すごく悔しい結果ですし、最終節の大敗(0-9)はショックでした。

レプロに関わるメンバーにとっても、
今年は昇格する可能性が最終節まで残っていただけに
残念な結果で今シーズンが終わってしまったことは
キャプテンとして申し訳なく思っています。

ただ、悪いことばかりではなく、
来年が楽しみに思えることも沢山あります!!

昨年、公式戦でも11人揃わないことがあった時期を考えると、
ベンチメンバーに誰が入るか悩めるほど選手層が厚くなり、
社会人4部なのにマネージャーが5人もいて、トレーナーもいるという
最高の環境でサッカーをすることができています。

ありがたいことに、
足を運んで レプロの試合を応援しに来て下さる方や、
SNSを定期的にチェックして下さる方も増え
多くの人が関わってレプロ東京が成り立っていることをひしひしと感じます。

皆さん、本当にありがとうございます!!!!

来シーズンこそは、4部優勝して3部昇格は必達でいきましょう!!

もう、遠くまで試合しに移動して、
8人や9人しかいないチームとは戦いたくない。(切実に!)

その為には、今いるメンバーが更に成長し、
来シーズン加わってくれるであろうメンバーと
切磋琢磨できる環境を作っていくことが大事になります!

年末年始の食べ過ぎダラけ過ぎには気を付けて、(笑)
2020年をレプロ東京にとっての最高の1年にしていきましょう。

それでは皆さん、よいお年を。